和装レンタルについて、知っておきたい基礎知識

和装レンタルについて、知っておきたい基礎知識

近頃の結婚事情ですが、ウエディングドレス一辺倒の時代は終わったようですね。今は和婚がブームになっています。当然ですが、ウエディングドレスではなくて和装になります。着物は、色や柄も豊富でバラエティーに富んでいます。大定番の「白無垢(しろむく)」以外に「色打掛(いろうちかけ)」や「引き振袖(ひきふりそで)」からも選べます。
 
大部分の人が購入するのではなくてレンタルで対応します。レンタルする場合にどのようなポイントに注意をしたら良いのでしょうか?特に定番の色打掛や引き振袖にこだわって紹介します。

■和装の特徴をまずは理解しましょう!  
「和婚」がブームになっている今、婚礼衣装に着物を選ぶ女性が増えてきたのですが、結婚式の装いといいますと「白」のイメージが強いです。それは、ウエディングドレスが「白」だからでしょう。そうなると「白無垢」が一番にイメージされます。
 
神前式や仏前式が和婚では行われますが、「正礼装(せいれいそう)」には、白無垢だけではなくて、色打掛や引き振袖が選べます。まっ白ではなくて、色鮮やかな色打掛はとても華やかです。引き振袖をまとった花嫁さんは独特の可愛らしさがあり、とっても絵になるので写真写りとしても最高ですね。そんなメリットもあるのですが、着物を一般的に着ていない女性にとっては、選び方が分からないのでしょう。
 
色打掛と引き振袖の特徴をピックアップしておきます。
 
まずは「色打掛」です。豪華で重厚感があるのが特徴点になります。重厚であるのですが、着ていると、それなりの重さがあるので、動きにくいところがウィークポイントです。色打掛は江戸時代の武家の女性の着物です。
帯を締めた小袖の上に、大きめの小袖を羽織ったのです。この羽織ることを「打ち掛ける」と表現されることから「打掛(うちかけ)」というジャンルができたのです。
 
一般的には「白無垢」の打掛以外を「色打掛」と呼ぶことが多いです。明治維新以降、現在まで花嫁衣装の代表的な服装として着用されています。色打掛の小物としての定番の「懐剣(かいけん)」がありますが、これは武家の女性が護身用に身につけていた短刀の名残としてアクセント的に利用されています。
 
生地は華やかな装飾が施されていますが主に3種類です。
刺繍物……生地に模様が刺繍されているタイプで職人の技が凝縮されており金額も高額です。
織物……生地に模様が織り込まれているタイプで重厚感があります。
友禅物……生地に模様が直接描かれているタイプで華やかで、3つの中で一番軽いです。
 
色打掛は「掛け布団を羽織っているみたい」という感想が多く、とっても動きにくい着物です。これにカツラを合わせるとずっしりとした重さがあります。長時間の着用は体力的にも辛いです。結婚式から披露宴の格式もあるでしょう。トータルの時間のバランスを考えながら色打掛を選んでも大丈夫なのかを検討しましょう。
 
 
次に「引き振袖」です。色打掛や白無垢と比較すると身軽に身のこなしができて、豪華な帯がポイント・アクセントになります。しかしながら、和装のゲストと変わらないような印象になってしまいます。引き振袖は、普通の着物の「おはしょり」部分を、あまりとらないのです。裾を引いたような振袖のことを言います。
 
引き振袖の中でも特に黒地がベースのものを「黒引き(くろびき)」と呼ばれます。江戸時代の後期から昭和時代の初期の頃まで、一般的な花嫁衣装の位置づけにありました。格式としては、色打掛よりも下位になります。ですが、色打掛よりも身のこなしがスムーズにできるのが特徴です。
 
引き振袖の見せ所は、その豪華な帯でしょう。お祝いにふさわしく豪華に見せるには、帯の柄や結び方がポイントです。そんなメリットはあるのですが、色打掛と比較すると、きらびやかさや重厚感の面では、少々物足りない印象です。振袖姿のゲストとパッと見、変わらないからです。
 
かつら姿も引き振袖そのものに重厚感が少ないので、頭が大きく目立ちすぎてしまいます。引き振袖を着る場合は地髪を結い上げるといいでしょう。洋髪にアレンジしても、ちょっとお洒落感がでます。ヘアースタイルを工夫をしながら会場のサイズや全体の雰囲気を見ながら選ぶと失敗しません。


名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋